看護師の職場と身だしなみについて

最近は病院で働く看護師にも、「患者さんに与える印象を考える」ということが求められる世になっています。以前もゼロではなかったにせよ、最近は医療機関でも患者さんに気持ちよく受診してもらうということに意識を向けているところが多くなりましたから、働いていても身なりについての注意事項を受けることが増えてきているようです

 

ここでは患者さんによりよい印象を与えるポイントをいくつか示したいと思います。まずは服装です。医療現場では身だしなみをきちんとしておくことが最も重要なことです。看護師の衣服は機能性があることが一般的ですが、機能性重視で安全性や清潔感が薄れてしまってはマイナスです。

 

ちょっとしたことかもしれませんが、意識するとかなり違ってきますよ。

 

例えば胸ポケットにいくつものペンを入れている人もいますが、危険物を入れないように。また看護で使った鋏をそのまま胸ポケットに入れたままにしておくことのないようにしましょうね。鋏はもとより、ペンなども患者さんをケアする際に危険物になりうるということを意識しましょう。また清潔感も大切です。清潔感のある外見に加えイキイキとした印象を与えることが出来れば患者さんは安心して治療が受けられるでしょう。

 

病院内では医師だけでなく看護師も人目にさらされています。患者さんは見ていないようでもしっかりと見ているのです。常に患者さんから看護師は見られていると意識しておくほうがいいでしょう。

 

髪も顔にかからないように。顔にかかる前髪はスッキリとまとめる。メイクは健康的でナチュラルに。爪は短く。好印象を与えるためには爪先まで気を使いましょうね。ストッキングはよく電線が入ってしまいます。看護業務で忙しいかもしれませんが、ストキングの伝線はしていないかなど、気をつけましょうね。

 

ちょっとした心がけで患者さんに与える印象は変わってくるものです。また、転職をする際には、職場にいる看護師のこうした身なりにも気を配るとよいですよ。

 

ハロワで看護師の求人を探す
良い雰囲気の職場というのは働いてても気持ちがよいものです。ただそれがわかっていても、そうした職場を見つけられるかはまた別問題です。特に看護師は転職活動をする時間があまりないですから職場の事前確認は一人ですべてやろうと思わないようにしなければなりません。ハロワで求人探しをする看護師も多いですが、こうしたサイトを参考にして転職成功した人も出てきていますね。